忍者ブログ
!画像の無断転載はご遠慮ください・All rights reserved!

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

シャドウ・ギャラクティカ

いて座α流星雨と共に星として地球に侵入してきた、ギャラクシア率いる最大の敵組織。
全宇宙を支配するためにセーラークリスタル(アニメでは真のスターシード)を集めていた。
Crystalでは
アニメではすでに銀河の8割を手にしており、残る辺境の星々を手にするため太陽系にやってきた。
ミュージカルでは

◆カオス(原作Act55~・アニメ第五期)
演者:笠原竜司(バンミュ)
星になり損ねたコルドロンの闇の星々の支配者、コルドロンに代わり全宇宙を支配しようと企んでいた。
気の遠くなるような遠い未来でセーラーカオスとなり、セーラーコスモスと戦い続けていた。
Crystalでは
アニメでは銀河の人々の悪の心から生まれいでた生命体で、最強の戦士とされたギャラクシアに敗れその身に封印された。終盤ではギャラクシアの体を完全に乗っ取ったが、セーラームーンとの戦いでギャラクシアの体から追い出され銀河の人々の心へと戻って行った。
ミュージカルでは

◆ギャラクシア/セーラーギャラクシア(原作Act50~・アニメ第167話~)
CV:堀江美都子
演者:沙羅さおり・松本圭未・岳美・阪口祐未衣(バンミュ)五十嵐ココ(ネルミュ)
破壊の戦士。地獄のような日々を孤独に生きてきたが、あるときセーラー戦士としての力が目覚めた。自身にふさわしい居場所を求めてさまよった末、カオスの言葉にのせられて銀河の中心である「いて座ゼロ・スター」へとたどり着いた。 銀河一の破壊力を持つ青金石(サッファークリスタル)をもつ。宇宙に散らばるセーラークリスタルを集め、銀河一と言われる無限の再生力を持つ「シルバームーン・クリスタル」を手に入れようとしていた。
自身もただカオスに利用されていたことに気付き新しい未来へ手を伸ばそうとしたが、ブレスレットが崩壊しサッファークリスタルを残して消滅した。
 「ギャラクティカ・インフレーション」(原作Act59)
 「ギャラクティカ・スーパーストロング」(原作Act59)
Crystalでは
アニメでは伝説のセーラー戦士で、セーラーウォーズの際に混沌を倒し封印した張本人。
体をカオスに浸食され乗っ取られることを恐れ、自身のスターシードである「希望の光」を銀河の深遠へと放った。次第に混沌カオスに汚染され全銀河の覇者スターギャラクシアとなるべく宇宙を手にしようと企んだ。全銀河を支配するため真のスターシードを集め、完全なスターシードを手に入れるためサターンの覚醒を促すべくネヘレニアを復活させた。
最期はセーラームーンの輝きによってカオスから解放され元のギャラクシアへ戻った。

ミュージカルでは

◆セーラーφ(ファイ)(原作Act52~)
ギャラクティカ・パレスの前に広がるスターガーデンを守るスターガーデナー、イメージカラーは黒。裏切ったレテ&ムネモシュネを消去し、後にエターナルセーラームーンの必殺技によって消滅した。
 「ギャラクティカ・プランツ・ブリザード」(原作Act57)

◆セーラーχ(カイ)(原作Act52~)
セーラーφと共にガーデンを守るスターガーデナー、イメージカラーは赤。φを失いながらもセーラー火球の胸を貫き一矢報いたが、すぐにエタムンの攻撃で自身も消滅した。

◆セーラーレテ(原作Act55)
レテ星出身で、小さくまずしい星に育ち故郷をギャラクシアによって滅ぼされた。
ムネモシュネと互いの平和と幸せを手に入れるためにギャラクシアについていき、砂漠川の渡し守・記憶を奪う忘却の川の番人となったが、その先にある未来を信じ切れずムーンたちを見逃してしまいセーラーφによって始末された。
必殺技は「ギャラクティカ・ミュソーティス・アルペーストニス」

◆セーラームネモシュネ(原作Act55)
レテ星の双子星であるムネモシュネ星出身。
レテと共に故郷を滅ぼされギャラクシアについていき、砂漠川の渡し守・記憶取り戻す記憶の川の番人となったが、レテと共にムーンたちを見逃し、セーラーφによって始末された。

◆泥人形‐ゴーレム‐(原作Act58~)
スターシードを核にギャラクシアによって作り上げられた傀儡。 ギャラクティカ・ブレスをはめられており、その肉体と心は彼女の意のままに操られる。
必殺技は本物と同等のものだが一部を除いて技名に「ギャラクティカ」が入る。
 ★ギャラクティカ・スペース・タービュレンス(ウラヌス)
 ★ギャラクティカ・グレイブ・サプライズ(サターン)
 ★ギャラクティカ・ヴィオロンタイド(ネプチューン)
 ★ギャラクティカ・キャノン(プルート&サターン)
 ★ヴィーナス・ラブ・アンド・ギャラクティカ・ショック(ヴィーナス)
 ★ギャラクティカ・ゲイル(マーキュリー・マーズ・ジュピター・ヴィーナス)
 ★ギャラクティカ・プラネット・アタック(内外8戦士)

+銀河テレビ(アニメ第174話~)
人間社会におけるシャドウ・ギャラクティカの隠れ蓑、序盤では「テレビ銀河」と表記されていた。故障中のエレベーターで社長室=ギャラクシアの元へと行ける。

+いて座ゼロ・スター(原作Act50~)
銀河の中心いて座αスターの中心部にある星の生まれる場所、シャドウ・ギャラクティカの本拠地となっている。中心となるギャラクティカ・パレスを守るように広大な外堀「砂漠川」がある。

+ギャラクティカ・パレス(原作Act50~)
城の周りにはスターガーデンが広がり、ガーデンクリスタルの中には奪ってきた数多のセーラークリスタルが輝いている。

+ギャラクシー・コルドロン(原作Act59~)
銀河中の星々が生まれる星の聖地、そして星が最後に還る場所。銀河の中心でありカオスが巣食っていた。
 

原作アニメドラマミュージカル
 
 
  セーラーアニマメイツ
ギャラクシアに仕える戦士たち。セーラークリスタルを手に入れるためにギャラクシアによって送り込まれた紛い物のセーラー戦士達。もともとは野心とパワーを持つ若者たちだったが、ギャラクシアに故郷を滅ぼされ服従を誓いブレスレットをはめられ生き長らえていた。戦いに勝ち残れば真のスターシード、セーラークリスタルを与えられ本物のセーラー戦士になれると信じて。すでに肉体を失っておりブレスレットの力で復元されているため、ブレスレットを外すと肉体が消滅する。
Crystalでは
アニメではギャラクシアの直属の部下で、人間社会に入り込みスターシードを集めていた。
ギャラクティカ・ブレスから光球を飛ばしスターシードを出現させる。
指令はどこにでも現れる黒電話から行われ、電話ボックスで移動する。

ミュージカルでは

◆セーラーアイアンマウス(原作Act50・アニメ第173~181話)
CV:原えりこ
演者:丸山千絵・工藤明希(バンミュ)青木志穂(ネルミュ)
ネズミがモデルのアニマメイツ。原作ではチュウ星出身で、セーラースターヒーラーによって倒された。
 「ギャラクティカ・クランチ」原作Act50
Crystalでは
アニメでは銀河テレビ第三制作部プロデューサー「根津 宙子」と名乗り仕事をしている。
ネズミなのでネコのルナが苦手な様子、最後は失敗続きで見限られギャラクシアにブレスレットを奪われて消滅した。

ミュージカルでは

◆セーラーアルーミナムセイレーン(原作Act51・アニメ第180~188話)
CV:井上喜久子
演者:大貫杏里(バンミュ)小林由佳(ネルミュ)
架空上の生物セイレーンがモデルのアニマメイツ。原作ではマーメイド星出身、ウラヌスの必殺技を跳ね返しマーキュリーとジュピターのセーラークリスタルを奪うが、スターライツの攻撃によって消滅した。
 「ギャラクティカ・ツナミ」(原作Act51)
Crystalでは
アニメでは銀河テレビ第三制作部プロデューサー「彩 れい子」と名乗り地球に飛ばされてきた。 クロウの相方。すぐにお腹がすくタイプで酢だこが好物、名刺交換から入る礼儀正しい人だが、恐れているギャラクシアの前でもありのままに話す。セーラームーンの正体とスターシードの輝きを知り罠にはめようとするも失敗、ギャラクシアにブレスレットを奪われ消滅した。
 「ギャラクティカ・ツナミ」(アニメ第188話) ジュースやペットボトルなどを投げつける技。

ミュージカルでは

◆セーラーレッドクロウ(原作Act52~53・アニメ第180~193話)
CV:鈴鹿千春
演者:遠藤あど(バンミュ)悠斗イリヤ(ネルミュ)
カラスがモデルのアニマメイツ、コロニス星出身の元傭兵で、フォボス・ディモスの元同期。マーズとヴィーナスを追い詰めるもムーンの攻撃によって消滅した。
 「ギャラクティカ・トルネイド」(原作Act53)
Crystalでは
アニメでは銀河テレビ第三制作部プロデューサー「烏丸あかね」と名乗り、飛ばされたセイレーンに付き合って地球へやってきた。 セイレーンの相方。セイレーンが滅んだ後、彼女の丸秘ノートに書いてあった真のスターシードの持ち主を知りうさぎ達を追い詰めるもティンにゃんこに邪魔をされ自身の持っていたブラックホールに飲み込まれ消滅した。
ムチを武器として使い、最終手段として小型のブラックホールを持っている。

ミュージカルでは

◆セーラーティンにゃんこ(原作Act53~54・アニメ第188~195話)
CV:大谷育江
演者:瀬尾智美・細川桃仁(バンミュ)橋垣美佑(ネルミュ)
猫がモデルのアニマメイツ。原作ではマウ星出身、リビアからの転校生「鈴にゃんこ」として十番高校に潜り込んできたが、ファイターの攻撃を受けて逃げ帰ったところをギャラクシアによって消滅させられた。
 「ギャラクティカ・パペット」(原作Act54)
Crystalでは
アニメでは他のアニマメイツと同じく銀河テレビのプロデューサーとして働き、猫を被り無理やりレッドクロウの相棒となりおいしい所を横取りしようとする。猫の手型の銃からエネルギー球を飛ばして攻撃する。レッドクロウが消滅し真のスターシードの持ち主が分かった後はうさぎが一人になる期を窺って仕掛けてきたが、反撃にあいムーンの浄化技で片方のブレスレットが壊れ半分だけ浄化された。最期はギャラクシアにブレスレットを外され消滅した。
ミュージカルでは

◆セーラーヘヴィメタルパピヨン(原作Act57)
演者:遠藤恵子(バンミュ)
蝶がモデルのアニマメイツ最後の戦士。死した星のかけらがたどり着く最後の地に住む魂の狩人。蔦と炎でムーンたちを火あぶりにしようとしたが、駆け付けたセーラーカルテットの合体技で消滅した。
Crystalでは
ミュージカルでは
 

原作アニメドラマミュージカル
 
 
  ファージ
スターシードの輝きが消えたものはファージ化し、元となった人間の特徴を残しもれなくセーラー服を着ている。
ムーンの浄化技による断末魔は「ビューティフォー」
◆セーラーブリ(アニメ第173話)CV:伊藤美紀
アイドル・アリスがファージ化、棘の生えたマイクをムチにして戦う。
◆セーラーガッツ(アニメ第174話)CV:鈴置洋孝
十番高校アメフト部の加山がファージ化、必殺技は溶解液の「青春の汗」
◆セーラーゲキシャ(アニメ第175)CV:片石千春
カメラマン板橋サキがファージ化、必殺技は腕のカメラから光線を出す「シャッターチャンス」
◆セーラーディレクター (アニメ第176話)CV:島本須美
シスター・アンジェラがファージ化、活躍する機会がなかったため戦闘方法は不明。
◆セーラーティーチャー(アニメ第177話)CV:田中秀幸
天野川教授がファージ化、指示棒やチョークで攻撃する。
◆セーラーオジョウ(アニメ第178話)CV:高田真由美
アイドル岡町ノリ子がファージ化、ムチで攻撃する。
◆セーラーシェフ(アニメ第179話)CV:石塚運昇
吉野川哲郎がファージ化、食べ物で釣ったりキッチン道具を投げて攻撃する。必殺技は「三枚おろし」
◆セーラーコンダクター (アニメ第180話)CV:志賀克也
ミスター・ガラヤンがファージ化、楽器に合わせて木の棒を投げる。
◆セーラーコップ(アニメ第182話)CV:松尾銀三
警察署長がファージ化、光線銃で攻撃する。
◆セーラーアーティスト(アニメ第183話)CV:麻生智久
伊吹ケンゴがファージ化、大金槌や腹から精製した器を飛ばして攻撃する。
◆セーラーソムリエ(アニメ第184話)CV:辻谷耕史
五代潤がファージ化、ワインボトルで攻撃し、相手の技を吸い込む。断末魔は「ごちそうさまでした」
◆セーラードクター(アニメ第185話)CV:河合義雄
Dr.ギアがファージ化、巨大注射器で攻撃する。
◆セーラーアンティーク(アニメ第186話)CV:渡部猛
桐山丈太郎がファージ化、高価なものを投げつけ敵(ムーン)の行動を封じ、剣で攻撃する
◆セーラーリーガー(アニメ第187話)CV:ならはしみき
伊集院園子がファージ化、球やバットを投げつけて攻撃する。
◆セーラースチュワーデス
(アニメ第188話)CV:大塚瑞恵・宇和川恵美
イベント用ジェット機の客室乗務員たちがファージ化、翼からシートベルトを伸ばして攻撃する。
◆セーラーDJ(アニメ第189話)CV:金丸淳一
DJジャックがファージ化、ディスクを投げて攻撃する。
◆セーラーアミューズ(アニメ第190話)CV:石井康嗣
篠竹雄がファージ化、風船の爆弾で攻撃する。
◆セーラーゲーマー(アニメ第191話)CV:平松晶子
神奈川麗子がファージ化、必殺技は「風林拳(雷)」「竜巻冷房拳(風)」「バニシング爆裂キック」、他に魔法も使用。
◆セーラーミュージシャン(アニメ第話)CV:速水奨
諸星卓也がファージ化、キーボードから光弾を飛ばして攻撃する。


PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

SEARCH

COUNTER